日高理恵子

日高理恵子 樹の経験

『日高理恵子作品集 1979–2017』(NOHARA)の刊行にあわせ、「日高理恵子 樹の経験」を開催。
35年にわたり樹と空とを描き、自らの身体に「見ること」を問い続けてきた、
日高理恵子さんの初期から最新作までを収録した作品集と、
原点とも言える作品、《樹》(1983年)一点と、そのドローイングを展示した。

会期:2017. 11/26、12/2、3、9、10、16、17(計7日間)

 

nani_hidaka_02

nani_hidaka_03

nani_hidaka_04

nani_hidaka_08

nani_hidaka_05

nani_hidaka_06

Photographs: Kieko Hamada

top